視力を失うかもしれない

女性

眼圧が高くなることにより、発症するのが緑内障です。しかし、発症の原因については詳しくは分かっていません。緑内障は白内障と同じ目の病気ではありますが、白内障とは異なり、手術などをしても元の状態に戻ることはありません。そのため、緑内障の症状を抑えるためには、早期発見・早期治療が大切になります。しかしながら、緑内障の特徴の一つとして、自覚症状が無いまま進行するという事があります。タイプによっては、頭痛などの症状があらわれることもありますが、それが緑内障が原因であると考えるのは簡単ではありません。そこで、早期発見をするためには、定期的に検診を受けるということが有効です。目安としては、40歳以降は定期的に検診を受けたほうが良いでしょう。

緑内障の治療は、点眼薬による方法が一般的です。早期発見・早期治療を受けることが出来た場合には、多くの症例で失明までは至りません。また、食生活や生活習慣上の厳しい制限などもありませんが、規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。最近はパソコンやスマートフォンなど目を酷使するような事柄も増えてきています。目に疲れを感じるような場合には、無理をしないで休ませるようにしましょう。また、症状に変化が見られた場合や気になるようなことがあれば、なるべく早く医師に相談をするのが大切です。点眼薬を使用する前には、手を清潔な状態にし、目を擦ったりしないようにするといいでしょう。目の周りについた薬については、濡れティッシュなどで拭き取ることが必要です。

ふわふわと視界にただよう

先生

飛蚊症は生理的なもので、病気になることはまれですが、中には網膜剥離などの病気が潜んでいることがありますので、視力が急激に低下したり、視野が欠けているなどの症状がおこった場合はすみやかに眼科を受診しましょう。

More Detail

検査が大事

看護師

緑内障の早期発見のために有効とされる定期検診ですが、いくつかの検査を行なった上で、総合的に緑内障であるか否かの判断がなされます。そのため、治療方針を決めるまでに時間が掛る可能性があります。気になることがあれば、主治医に相談するようにしましょう。

More Detail

原因と予防策を知る

カウンセリング

飛蚊症は目の中にできた不純物が網膜に移ったものです。ゴミとは違ってこすったりしても取れないですし、視線を変えてもついてきます。予防のためには体内の抗酸化作用を高めることが大切で大豆や小麦、ゆず、アーモンドなどを食べると効果的です。

More Detail